夏の食中毒にご注意

梅雨から夏にかけて発生しやすい「食中毒」。ニュースでよく耳にするのは飲食店などでの集団発生ですが、ご家庭で発生するケースも少なくありません。今回は、食中毒の原因と、家庭でできる食中毒対策についてご紹介します。

食中毒は、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などが代表的な症状ですが、取り込んだ有害物質の量や、本人の免疫力によっては命に関わることもあります。その主な原因は「細菌」や「ウイルス」ですが、動物や植物に含まれる「自然毒」、ヒスタミンなどの「化学物質」、魚介類につくアニサキスといった「寄生虫」などによる体調不良も食中毒の原因に分類されます。

例えば、多くの細菌は乾燥した環境よりも湿気を好むことから高温多湿の環境が続く6~8月頃には、細菌を原因とする食中毒が多発します。これは、食中毒の原因菌の多くが、20℃くらいの温度で活発になり、35~40℃で急激に増殖する性質を持つためです。

食中毒を引き起こす原因となる細菌は、どれも身近に存在しているものばかり。そのため、ご家庭で夏の食中毒を予防するには、「つけない」「増やさない」「やっつける」という「食中毒予防の3原則」の徹底が大切です。

食べ物に細菌を「つけない」

細菌は、手やまな板、包丁などを介して食品に移ります。まず、調理の前に爪のあいだや手首までしっかり洗うこと。調理中も、取り扱う食材が変わるたびに手を洗ってください。加熱せずに食べる食材は、先に下ごしらえを済ませて取り分けておくことをおススメします。

野菜や魚は、調理の前に表面についた汚れをしっかり洗い流します。ただし、肉は水洗い厳禁。水洗いにより、細菌などがシンク周辺や調理器具に飛び散って、二次汚染をまねく可能性があります。生肉や魚を調理した後、次の食材を扱うときは、一度まな板や包丁などをよく洗って殺菌してください。できるだけ、肉・魚用と野菜・果物用で、包丁とまな板を使い分けるのが理想です。

食べ物についた細菌を「増やさない」

細菌を「増やさない」ためには、放置しないこと。食中毒の原因菌の多くは、10℃以下になると増えにくくなり、-15℃以下では増殖しなくなります。そこで、購入した食材はすみやかに低温保存してください。生ものや、調理済みのお惣菜などを常温で長く置くことは避け、食べるまで時間がかかる場合はすぐに冷蔵・冷凍庫に入れましょう。

また、大きい食材を保存するときは、小分けにして冷凍しましょう。小さくすることで調理時に使いやすいだけでなく、保存に適した温度まで早く冷却できます。

付着した細菌を「やっつける」

多くの細菌は熱に弱いため、熱を利用して「やっつける」ことができます。調理の際は、食材の中心までしっかり加熱していることを確認しましょう。調理後の包丁、まな板、スポンジなどは、使用後によく水洗いしてから熱湯で消毒します。さらに、定期的に塩素系漂白剤で消毒すると安心です。

使い終わった食器や調理器具をキッチンに長時間放置するのも、食中毒防止の観点からは厳禁です。付着した食べ物に細菌が繁殖する可能性があるので、できるだけ早く洗いましょう。

ご自身の体調管理のため、大切な家族を守るために、この3原則を守って快適な夏を過ごしましょう。

↓農林水産省HP「食中毒予防3原則編」↓

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/2212/spe1_04.html

※公的保険や「いのち」「病気やケガ」「介護」などに必要な備え、現在ご加入の保険の点検などのご相談がございましたらお気軽にお声掛けくださいませ。

保険・相談

個別相談は予約制!
じっくりお話をお聞きしたいので、予約制となっております。