自転車事故の保険等に加入が義務となります

「福岡県自転車の安全で適正な利用の促進及び活用の推進に関する条例」(福岡県自転車条例)の改正に伴い、令和2年10月1日から、自転車を利用する人、従業員に自転車を利用させる事業者、自転車貸付業者の自転車保険への加入が義務化されることとなりました。

近年、自転車事故により、1億円近い損害賠償額が請求されるなどの高額賠償事例が発生しています。

交通ルールを守り、自転車を安全に利用するとともに、未加入の場合は、万が一に備えましょう。

事故対応

事故をおこしてしまったときの対処は、法律で運転者に義務付けられています。また、単独の自損事故か相手がいる事故かによっても対処法は変わってきます。そこで、車をぶつけたときに取るべき行動を、事故で使える保険や修理費用の目安と併せて解説します。

前の記事

あおぞら通信 7月号

次の記事

小さなギャラリー更新