熱中症に注意しましょう

熱中症とは、高温多湿な環境に長時間いることで、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

屋外だけでなく室内で何もしていない時でも発症し、救急搬送されたり重症化したり、場合によっては命にかかわることもあります。

熱中症対策としては主に「暑さを避ける」「こまめに水分を補給する」などが挙げられますが、日ごろから適度な運動で体力をつけることやバランスの良い食事と適度な睡眠といった日々の体調管理も大切です。

熱中症は暑い夏だけでなく、5月の暑い日から梅雨の時期の湿度の高い日、残暑厳しい初秋まで長い期間注意が必要です。今のうちに熱中症について正しい知識を身につけ、ご家族や周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

↓厚生労働省HP

熱中症予防のための情報・資料サイト | 厚生労働省 (mhlw.go.jp)
※あおぞら保険では熱中症に備える保険を取り扱っております。
また、公的保険や「いのち」「病気やケガ」「介護」などに必要な備え、現在ご加入の保険の点検などのご相談がございましたらお気軽にお声掛けくださいませ

あおぞら通信

お客様への為になる情報の提供と適切なサービスの一環として「あおぞら通信」を年に数回発刊しています。
保険商品の解説や保険業界から発信する最新情報をはじめ、防災にまつわる記事など必ずお役に立つ内容です。