台風への備え

年間で台風が最も多く上陸する8月から9月。台風は毎年のように日本列島に大きな被害をもたらす自然災害です。
自分の命と家族の命を守るため、家や車など大切なものを守るため、台風が来る前に、以下のような準備をしておくことが大切です。常に最新の気象予報を確認できるようにしておきましょう。

●家の外の備え

・車を屋内駐車場など安全な場所へ移動させる。またはカバーを準備する。

・窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強・修繕する。

・側溝や排水口は掃除して水はけを良くしておく。

・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定、または家の中へ格納する。

・庭木を剪定する。

・室内からの安全対策を施す。(飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼っておく。また、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。)

●家の中の備え

・非常用品を備えておく。(下記参照)

・水・食材を3日分確保する。(断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水も確保する。)

●非常持ち出し品の準備(以下は一例です)

・リュックサック

・飲料水、乾パンやクラッカー、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビン

(備蓄食料は定期的に見直しをしましょう)

・救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品

・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴

・ナイフ、缶切、水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てカイロ、ティッシュ、ごみ袋

・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡、地図

・現金(小銭含む)

(健康保険証や身分証明書などは避難時にすぐに持ち出せるようにしておく)

●避難場所の確認など

・学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。

・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。

台風が過ぎ去ったら、家の周りを点検し、被害がないか確認しましょう。

また、ご自宅に被害があった場合は、二次被害を防ぐためにも早めに修繕しましょう。


※あおぞら保険では信頼できる修理業者をご紹介しております。

【お問い合わせ先】 

TEL:092-928-3250

Email:info@aozora-hoken.com

あおぞら通信

お客様への為になる情報の提供と適切なサービスの一環として「あおぞら通信」を年に数回発刊しています。
保険商品の解説や保険業界から発信する最新情報をはじめ、防災にまつわる記事など必ずお役に立つ内容です。